Assumption Blog

 アサンプション国際中学校高等学校の公式ブログです。ふだんの学校生活の様子や、生徒や先生のがんばる姿を紹介します!

聖堂訪問が始まりました!

普段の風景|2015.04.22

 高校生は毎週水曜日、中学生は毎週木曜日の朝礼が聖堂訪問の時間になります。
 聖堂訪問とは、聖堂でシスターや先生のお話を聞いて、静かにお祈りをする時間です。

 今日は高校生の聖堂訪問がスタートしました。



 最初にみんなで聖歌を歌います。



 そのあとシスターのお話をお聞きました。

 この1年間聖堂で静かに自分と向き合う時間を送りながら、心も成長していけますように。
ページトップへ

フィリピンからの留学生が日本文化体験!

国際交流|2015.04.21

 フィリピンの姉妹校から来日している生徒が、今日は日本文化を体験しています。

 まずは華道体験から、先生に来ていただいて教えてもらっています。
 初めての華道に、みんな戸惑いながらもがんばっています。



 みんなきれいな作品が出来上がりましたね。



 続いて放課後は茶道体験です。
 茶道部の生徒が協力してくれました。



 フィリピンの生徒にとっては、貴重な日本文化の体験の時間でした。






 
ページトップへ

中学1年生、体育祭の練習風景!

普段の風景|2015.04.21

 中学1年生がホームルームの時間、体育祭のクラス全脚の練習を始めていました。

 芝生に集合して、まずは2人ずつでの練習、少しづつ人数を増やして練習していきます。



 聖堂前の芝生はちょうどいい練習場ですね。
 担任の先生も熱心に指導しています。



 中学1年生にとって1年間初めての行事が続きますが、今日はとても楽しそうに練習していました。
 みんながんばってね!
 
ページトップへ

菅沼先生のフランスレポート!その4

国際交流|2015.04.17

 今日はフランスボルドーの姉妹校の日本語の授業の様子です。
 いつも日本に引率していただいている佐藤先生が教えておられます。



 みんな真剣ですね。



 各学年の生徒の集合写真です。
 まずは高校1年生から。元気いっぱいの学年なのだそうです。



 続いて高校2年生。日本に来てくれた生徒も写っていますね。
 みんな日本が大好きなんだそうです。



 そして高校3年生。6月にバカロレア(試験)を控えていて勉強一色だったそうです。
 今年のバカロレアの日本語の試験は、ロボットについて10分間、日本語で語り意見を言うのだそうです。



 フランスの姉妹校の生徒は、日本の生徒との手紙の交換やビデオレターをとても楽しみにしているそうです。
 同じ創立者の精神のもと作られた姉妹校同士、今後も交流を活発にしていきたいですね!

 菅沼先生、フランスからのレポートありがとうございます!
ページトップへ

菅沼先生のフランスレポート!その3

国際交流|2015.04.16

 フランスレポート3回目は、ボルドーにある姉妹校の紹介です。
 フランス南部にあるボルドーはここ3日間快晴で29度くらいまで気温が上がったそうです。

 まずはボルドーの姉妹校の正面写真から。



 歴史ある校舎ですね。この建物18世紀建てられたものだそうです。
 今年はこの学校の生徒が日本を訪問してくれます。



 正面玄関はいってすぐの聖堂へ続く通路に、創立者マリー・ウージェニーの大きな写真があります。
 日本の学校でも見慣れた姿で、親近感がわきますね。



 メインの校舎の廊下です。まるで修道院のような校舎ですね。



 上の写真は職員室の写真だそうです。職員室もおしゃれですね。
 休み時間はたくさんの生徒がやってきて、にぎやかなのだそうです。

 一度行ってみたい!と思った生徒の皆さんは、フランス研修にぜひ参加してくださいね!
ページトップへ

中学1年生の食堂体験!

普段の風景|2015.04.16

 今日から中学1年生と高校1年生はそれぞれオリエンテーション合宿に出発します。

 中学1年生は出発前のお昼、食堂体験としてお弁当を持ってきた生徒も含めて食堂でお昼ご飯を食べました。

 
 
 ちなみに今日のメニューは鮭フライタルタルソースのお弁当かトマトクリームスパゲティだったようです。


 
 おいしそうですね!


 
ページトップへ

菅沼先生のフランスレポート!その2

国際交流|2015.04.15

 フランス出張中の菅沼先生から今日もレポートが届いています。

 今日はパリのノートルダム寺院のレポートです。



 ノートルダム寺院は、観光名所としても有名ですが、中にはキリスト教の聖人の像や小祭壇があることでも有名です。



 聖母被昇天学院の創立者である聖マリー・ウージェニーもその聖人の一人で、その名前が書かれたプレートを見つけました。



 自分の学校の創立者の名前が、パリのノートルダム寺院に刻まれているってすごいと思いませんか?
 聖母被昇天学院の生徒にとって、修道会の本部もあるフランスは身近な国なのです。

 菅沼先生のフランスレポート、明日も続きます。
ページトップへ

フィリピン姉妹校の生徒が書道の授業に参加しています!

国際交流|2015.04.15

 月曜日から学校にはフィリピン姉妹校の生徒が来ています。

 今日は高校2年生の書道の授業に参加し、日本の生徒に教えてもらいながら書道にチャレンジしています。



 日本の生徒が見本を書いて、それをお手本にして書いています。



 教える日本の生徒も、教えてもらうフィリピンの生徒も真剣ですが、どこか楽しそうですね。

 フィリピンの生徒の皆さん、日本の学校・文化を楽しんでいってくださいね!
ページトップへ

何のクラブに入ろうかな?

 今日から5月1日までクラブの見学期間です。
 中学1年生、高校1年生はいろいろなクラブを見学しながら、考えています

 第二体育館ではバレーボール部とバスケットボール部が活動中。
 その奥で中学1年生が見学をしていました。



 「何のクラブに入ろうかな?」
 そんな相談が聞こえてきそうな見学風景です。
ページトップへ

菅沼先生のフランスレポート!その1

国際交流|2015.04.14

 フランス語担当の菅沼先生から、フランスで行われているコリブリ総会のレポートが届きました。



 コリブリとは日仏高等学校ネットワークのことで、両国の高校生の交換留学を行っています。
 本校も同ネットワークに参加し、昨年度は2名のフランスの高校生が来校し、本校からも2名の生徒が3月に渡仏しました。



 このあと手紙やビデオレターで交流しているフランスボルドーにある姉妹校のレポートも送ってくださるそうです。

 手紙を書いた高校生の皆さん、お楽しみに!
ページトップへ

最新記事

カテゴリ

月別バックナンバー

QRコード

qrcode

関連リンク