Assumption Blog

 アサンプション国際中学校高等学校の公式ブログです。ふだんの学校生活の様子や、生徒や先生のがんばる姿を紹介します!

高校2年生探究(ディベート)

授業風景|2017.07.05

今日は高校2年生が探究の授業でディベートをしました。

採用IMG_7923_edited-1.jpg

「未成年者にスマホを廃止すべきか」というテーマでディベートをしています。

 

3グループに分かれ、それぞれ賛成派・反対派・ジャッジの役割のもと、討論が展開されます。

採用IMG_7906_edited-1.jpg

自分たちの主張を述べた後、反対意見を聞き、質問をし、それに対して反論を述べ議論を深めます。

採用IMG_7909.JPG

テーマが自分たちに身近なこともあり、議論は白熱しました。

ジャッジも真剣です。

 

採用IMG_7912_edited-1.jpg

このようなディベートをするのは初めてということでした。

生徒たちは、答えのない問題に対して議論を深める手法を授業の中でこのように学んでいます。

 

採用IMG_7920_edited-1.jpg

ページトップへ

高校1年生情報(プログラミング)

授業風景|2017.07.04

今日は高校1年生が情報の授業でプログラミング学習をしていました。

パソコンとiPadでそれぞれのアプリケーションを使い、与えられた課題をプログラミングでクリアしていきます。

 

採用IMG_7900.JPG

 

採用IMG_7901.JPG

生徒たちは、課題をクリアしながら、アルゴリズムやシーケンスといったプログラミングの基本的な概念を学びます。

採用IMG_7894.JPG

関数って何?ループって何?というたくさんの疑問について、ヒントを見ながら次々と進みます。

採用IMG_7897.JPG

「あれっ?右に向くというコードがないけど・・・・?」

 

「そうか、左に3回 回転すればいいんだ」(そして、左に3回回転するという命令を、右に向くという「関数」として書き込みます)

 

みんなタブレットを使いながら、一人ひとりの進度に応じてそれぞれが学習をしていました。

 

コンピュータの動きの一端を知り、様々な課題に対してどのような手順で問題を解決するかなどプログラミング的思考を学ぶことは、皆さんの周りにある様々な課題を解決するために役に立ちます。

 

プログラミングの答えは一つではありません。一番良い答えにたどり着くにはどうしたら良いかよく考えながら学習しましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ

高校3年生ロングホームルーム(島上先生のお話)

授業風景|2017.07.03

6/30 高3の人権LHRは、「女性の自立」というテーマで、本校の1期生で元本校教員の島上きく先生に講演に来ていただきました。

自立とは何か、どういう状況のことを自立というのか、高校を卒業した後、具体的にどう自立すればよいのか、社会人になってからの自立、そして、もし結婚したとして、結婚した後の自立、子どもが大きくなった後の自立とは何か、など、先生の実体験を元に、いろいろな話をしていただきました。

採用IMG_7749.JPG

 

生徒たちも真剣な表情で話を聞き、メモをとっていました。今回の話が、生徒たちの進路決定やその後の自分の人生に役立ててくれることを期待します。

採用IMG_7750.JPG

ページトップへ

中学2年生車いすバスケットボール体験

授業風景|2017.06.30

本日は車椅子バスケットボール選手の網本麻里さんと、長居障害者スポーツセンターの角正真之さんにお越し頂きました。
前半は、網本さんに自身のお話や車椅子バスケットボールのルール、車椅子の操作の仕方を、角正さんには車椅子の特性など様々な事を教えて頂きました。

 

後半は8つのグループに分かれてゲームをしました。

 

採用IMG_7768.JPG

 

試合が始まると生徒たちは、積極的に車椅子を動かしながらボールをついたり、パスをしたり、シュートを入れにいったりと楽しく和気あいあいとプレーしていました

 

採用IMG_7754.JPG


最後には代表16名が網本さんと対決しました。トップレベルのプレーを見させて頂き、生徒たちも大盛り上がりでした。
とても貴重な時間となりました。
 

採用IMG_7761.JPG

 

採用IMG_7766.JPG

 

採用IMG_7767.JPG

 

 

ページトップへ

フリージャーナリストの西谷文和さんの講演(戦争と平和について)

普段の風景|2017.06.29

本日4時間目、中学生は全学年、西館講堂に集まり、フリージャーナリストの西谷文和さんから戦争と平和についての講演を聞きました。

 

採用IMG_7728_edited-1.jpg

 

 アフガニスタンやイラクなど戦場になっている現地からのレポートの映像を観て、劣化ウラン弾について、戦争はなぜ起こるか、戦争をなくすための方法についてなどのお話をしていただきました

 

採用IMG_7734.JPG


  みんな真剣に聞き入っていました。

 

採用IMG_7731.JPG
  このお話を聞いて、これから平和についてより深く考えることができると思います。
  西谷さん、ありがとうございました!

 

*西谷さんは、フリージャーナリストでイラクの子どもを救う会の代表をされています。

 

ページトップへ

中学生 聖堂訪問

普段の風景|2017.06.29

今日は中学生の聖堂訪問がありました。

採用IMG_7710_edited-1.jpg

「身の回りにあるたくさんの学びについて」のお話でした

 

採用IMG_7713_edited-1.jpg

高校生の演劇部の生徒が電車の中での座席の譲り合いについてエピソードを朗読します。

そのお話を通して、席をゆずる人の考えと、ゆずらない人の考えについて、人それぞれに考え方があり、自分の意見を押し付けることは良くないこと。人の意見を受け入れることは人間関係を築くために大切なことであるとお話がされました。

 

採用IMG_7715_edited-1.jpg

 

みなさんの周りにはたくさんの学びがあります。

「自分に関係ないや」と全てを切り捨てないで、一度立ち止まって自分のことに重ねて考えてみて下さい。

 

行事や授業を通してみなさんは多くのことを学んでいます。

 

心を広げて学びという宝を一生のものにして下さいというお話で聖堂訪問は終わりました。

 

採用IMG_7723.JPG

 

ページトップへ

玄関の紫陽花

普段の風景|2017.06.28

中高の生徒玄関のマリア像の横には紫陽花が咲いています。

 

採用IMG_7125-1.JPG

これは、守衛さんが1年間お世話をして咲かせたものです。

ほっとする風景ですが、これも誰かの努力によって実っているものです。全てのものに感謝ですね。

 

 

 

ページトップへ

フィリピン研修の事前研修

国際交流|2017.06.27

この夏のフィリピン研修に参加する生徒たちが放課後、事前学習に取り組んでいます。

 

IMG_0131.JPG

それぞれが選んだテーマについて、今日はipadでの調べ学習です。期末テスト後に発表します。

 

IMG_0132.JPG

 

IMG_0133.JPG

 

IMG_0134.JPG

 

IMG_0135.JPG

実りある研修にするため、生徒も先生も一生懸命ですね。

ページトップへ

高校3年生森さんがNHK杯全国放送コンテスト全国大会に出場します(放送部の活動)

今日は放送部の活動を紹介します。

本校の放送部は、NHK杯全国高校放送コンテストなどの全国大会に多数出場しています。

 

放送部の練習は毎週、火曜日と木曜日の放課後です。

まずは発声練習から始まります。

採用IMG_7635.JPG

(壁に向かって発声練習をしていますが、写真だとなかなか様子がわかりませんね。)

しっかり大きな声が響いていました。

採用IMG_7632_edited-1.jpg

上級生が下級生の指導をする習慣ができているそうです。

(たてのつながりですね)高校生が中学生を教える風土が、強さの秘訣のようです。

採用IMG_7642.JPG

 

そんな中、今年は高校3年生の森さんがNHK杯全国大会に出場します。(写真は全国大会に向けて練習をする森さん)

インタビューでお話をした後、ブースに入りアナウンス練習を始めると、プロの発声でした。

採用IMG_7640.JPG

また、森さんは昨年の同大会での成績が認められ、夏の甲子園(第99回全国高等学校野球選手権大会)の大阪大会の司会のアナウンスをするそうです。(すごーい)

 

そんな森さんに、放送部に入ったきっかけを聞いてみると、「オープンスクールなどで、先輩がアナウンスをしている姿をみて憧れて入部しました。」と話してくれました。

 

放送部の雰囲気は?という質問には、「アットホームな雰囲気で楽しいですが、やる時はやるという感じです。」ということ。

 

森さんが出場する第64回NHK杯全国高校放送コンテストは、7/25から7/27に東京で行われます。

また先輩の活躍する姿に憧れて、たくさんの後輩たちもついてくるでしょう。「たてのつながり」の伝統(強さ)も続きますね。

 

採用IMG_7643-1.jpg

 

ページトップへ

ハンドベルの活動

624()合唱コンクールの後、ハンドベル部の生徒は、神戸芸術劇場で開催された「第32回 ハンドベルフェスティバル」に出演しました。小学生から大人までのチームが参加し、合同演奏やチーム演奏を発表します。本校からも中1〜高3まで23名が、4月から練習してきた2曲を演奏しました。まだベルを持って3ヶ月足らずの新入部員も、力強くベルを鳴らすことができたようです。

IMG_0121 2_edited-1.jpg

先日ブログで紹介したオリジナルTシャツ、背中には高3の先輩が一人ひとりの名前を入れてくれました。

 

そして翌日625()は、中1〜高2のメンバーで箕面市内にある「ささゆり園」で演奏しました。当日の来場者は、視覚障害者の方々です。

IMG_0140_edited-1.jpg

 

IMG_0138.JPG

演奏を聴いていただいた後は、生徒がサポートしながらの体験コーナー。

 

IMG_0124_edited-1.jpg

ついつい「こうやってベルを振る…」と言ってしまいがちですが、演奏する動作を、わかりやすく説明するために、

生徒は四苦八苦しながら一生懸命伝えました。

 

IMG_0156_edited-1.jpg

「キラキラ星」が演奏でき、ベルを通じての繋がりを感じた校外活動でした。

 

IMG_0155_edited-1.jpg

 

IMG_0134.JPG

 

ページトップへ

最新記事

カテゴリ

月別バックナンバー

QRコード

qrcode

関連リンク