Assumption Blog

 アサンプション国際中学校高等学校の公式ブログです。ふだんの学校生活の様子や、生徒や先生のがんばる姿を紹介します!

PBL/探究授業って何?

-|2018.06.22

アサンプション国際中学校高等学校では

PBL(project based learnig)=課題を解決して学ぶ。

このような授業形態を導入しています。

 

様々な教科でこのPBLの手法を取りいれていますが、

特に「探究科」では、複数の教員がチームを組んで授業を行い、

教科の枠を超えた深い学びを実践しています。

 

今回は高校2年生の「探究」授業のプレゼンに訪問しました。

 

皆さんはSDGsという言葉をご存知ですか?

「SDGs」とは「持続可能な開発目標」のことで

2015年の国連サミットで採択された、

2030年までに世界で達成されるように

掲げられた目標です。

「貧困を無くそう」「ジェンダー平等を実現しよう」など

世界で共通した内容の目標が17個あります。

 

今回はこのSDGsや世界情勢に関する「問題点」から

自らが設定したテーマでプレゼン発表を行う日でした。

 

IMG_2132 2.JPGIMG_2125.JPG

 

高2の生徒が選んだテーマは次のようなものです。

「なぜ日本の水はきれいなのか」

「地球の資源の現状はどうなっているのか」

「どうすれば気候変動の被害を最小限に抑えられるか」

「世界の中で住みやすさに大きな差があるのはなぜか」

 

「なぜ・どうして」から始まったテーマ設定。

そしてこの問題・課題は「全ての人が幸せに生きる」為に解決させるべき

問題・課題であると言えます。

 

IMG_2127.JPG

自分だけが幸せでもいけない。

どのようにすれば、周囲がそして世界が幸せに近づけるのか。

そんな問いに向きあっています。

 

 

ページトップへ

最新記事

カテゴリ

月別バックナンバー

QRコード

qrcode

関連リンク