Assumption Blog

 アサンプション国際中学校高等学校の公式ブログです。ふだんの学校生活の様子や、生徒や先生のがんばる姿を紹介します!

第11回 フランコフォニーを発見しよう!

校外活動|2020.01.10

1月10日(金)

 

「第11回フランコフォニーを発見しよう」

 

昨年の12月7日、日本におけるフランコフォニー推進会議・日本フランス語教育学会・お茶の水女子大学共催「第11回フランコフォニー(フランス語を話す国や地域、人々)を発見しよう」が、

フランス語を話す国々のいくつかの大使館の方々ご臨席のなか、お茶の水女子大学で行われました。

お茶の水女子大学・慶応大学・上智大学・筑波大学・明治学院大学の学生たちとともに、

唯一の高校生チームとして、アサンプション国際の生徒が参加し、「コリブリ」について、フランス語で発表しました。

 

まず、駐日スイス大使のジャン フランソワ・パロ氏の開会挨拶がありました。

 

 次に国連人口基金(UNFPA)の上野ふよう氏より、「国際機関におけるフランス語の役割ーUNFPAの活動を中心に」の講演がありました。

今夏、横浜で開かれたアフリカ開発会議のお話などから国際社会では今後ますますフランス語が必要とされていくこと、

また国際機関で働くためには、語学は大事ですが、それよりも普段の生活の中でつねに社会の様々なことに関心をもっておくこと、

その他貴重なお話をたくさん伺うことができました。

アサンプションの生徒達も、メモをとりながら熱心に聞いていました。

その後、学生、生徒達による発表がおこなわれました。

アサンプションの生徒達は「日仏ネットワーク コリブリ」について発表しました。

コリブリが作られた経緯、現在の加盟校、日本の高校での3週間の生活、留学生の日本での生活の感想、

そしてフランス本土からもニューカレドニアからもフランス人であっても様々なルーツを持つ生徒がいること、コリブリを通して私たちもフランス以外の世界中に広がっているフランコフォニーの世界に触れることができていること、

などをフランス語のみで発表しました。

最後は、“Le français nous ouvre le monde.”(フランス語は私たちに世界を開いてくれる。)の言葉でしめくくりました。

 

大変立派な発表だったと思います。

 

 

ページトップへ

最新記事

カテゴリ

月別バックナンバー

QRコード

qrcode

関連リンク