Assumption Blog

 アサンプション国際中学校高等学校の公式ブログです。ふだんの学校生活の様子や、生徒や先生のがんばる姿を紹介します!

待降節

その他|2019.12.10

12月10日

 

みなさんはクリスマスと聞いてどんなことを思い浮かべますか?

クリスマスツリーの飾りつけやつい自分のプレゼント選びを思い浮かべる人もいるかもしれません。

 

今日はクリスマスをお祝いする本当の意味をお伝えしたいと思います。

本校に在籍されているシスターにお話しを伺いしました。

 

1225日はイエス・キリストが生まれた日とされていて、長い歴史があります。

クリスマスの本当の意味とはイエス・キリストが誕生されたことをお祝いする事なのです。

 

12月に入って待降節に入りました。

クリスマスの4回前の日曜日からクリスマス(ご降誕)までは、クリスマスを迎えるための準備期間=アドベントです。

常緑樹の葉で作ったリースに4本のろうそくを立て、日曜日ごとに一本ずつ火を灯してクリスマスの訪れを待つのです。

 

いつもより少しだけ更に人を思いやって行動し、温かい気持ちでクリスマスを迎えたいですね。

ページトップへ

最新記事

カテゴリ

月別バックナンバー

QRコード

qrcode

関連リンク