Assumption Blog

 アサンプション国際中学校高等学校の公式ブログです。ふだんの学校生活の様子や、生徒や先生のがんばる姿を紹介します!

雨上がりのサッカー

大雨の影響により
広範囲に渡り甚大な被害がでた
先週末。

本校も休校にせざるを得ない状況でした。

 

IMG_2399.JPG

 

 

そんな中ではありますが、
月曜日の私学大会の練習が
全く出来ないということで、
やっと晴れた日曜日、
本校と同じように
新井場さんがテクニカルアドバイザー
を務める、寝屋川市の香里ヌヴェール学院の
校庭を借りて、短時間ですが
練習を行いました。
グラウンドはまだ泥濘んでいましたが、
水はけは こちらの方が少しは良いとのこと。

IMG_2396.JPG
昨日までの雨が嘘のような
真夏の空。

IMG_2401.JPG
サッカーの練習ができない地域も
多くある中、
こうして練習できる事は
決して当たり前ではありません。

IMG_2402.JPGIMG_2403.JPG
練習を通して、
そのことにも気づいて欲しいと
願います。

被災された方々へ
心よりお見舞い申し上げます。

ページトップへ

キャンドルコンサート メッセージと歌声

体育祭を終え、次は合唱コンクール。

各クラスの練習割り当てもはじまりました。

 

歌つながり。ということで、先日行われた

「キャンドルコンサート」についての

聖歌隊メンバーのメッセージをお届けしたいと思います。

 

また、このブログの終わりには

実際の歌声を聞いていただけるページへのリンクを

貼っておりますので、ぜひぜひお聴きくださいませ。

 

 

 

 

「私たちは毎回色々な場所で舞台に立つ

機会をいただいています。

最高の演奏ができることもあれば、

次への課題にぶつかることもあります。

その都度、私たちは必ず希望を見い出し、

前に続く新しい道を進んできました。

ぶつかる課題が大きければ大きいほど、

ひどく落ち込みますが、暗闇の中にいても

必ず出口は見つかる、希望はあると信じています。

暗闇の中に浮かぶキャンドルの灯。

私はそれを希望の象徴だと思います。
彼方の光では、

たとえ私がどこへ行こうともあなたはそばにいて、

暗闇の中でも手を差し伸べてくれる」という歌詞があります。

私たちが見い出す希望のように、

ひとつのキャンドルの明かりから無数に広がる光によって、

悩み、苦しみ、孤独は、やがて勇気、幸福、

信頼へと変わっていきますように。

そして聞いて下さる方々に私たちも抱いている

希望を届けられるように心を込めて祈り、歌いたいと思います。」

 

こちらが実際の新聞記事です。

 

「2018年 5月29日付 毎日新聞より」

180529キャント?ルコンサート記事.jpg

 

すばらしい済んだ歌声を聞いていただけます。

こちらをクリック↓

 

 

https://mainichi.jp/movie/video/?id=5790489719001

 

「コンクールに出ないのですか?」とよく聞かれるそうです。

でも、メッセージを読むと、「点数を競う」為に歌うのではなく、

1人でも多くの方に歌をとして心を伝えたいのだと感じることができます。

 

 

学内だけでなく、多くの場所で歌を届ける聖歌隊。

彼女たちのメッセージが、どうか皆様に届きますように。

 

ページトップへ

世界で活躍する豊川選手に会いました!

素晴らしいことがありました。

私達の学校に世界で活躍する豊川選手が

来校し、講演会を開いてくださったのです。

 

現在、ベルギーリーグ「KASオイペン」でFWとして

プレイしている豊川雄太選手。

 

IMG_1875.JPG

豊川選手は熊本の出身。

鹿嶋アントラーズやファジアーノ岡山などで活躍されたのち、

アサンプション国際のサッカー部のテクニカルアドバイザーである

新井場徹さんのコーディネートで2018年より

なんと、ベルギー1部リーグ(すごい!)のオイペンに活躍の場を

移しました。

 

生徒たちは、手の届かない世界で活躍する一流の選手を前に

とっても緊張した様子。

新井場さんから、「何か聞きたいことあるか?せっかくやから質問して」と

声をかけられたのですが、

あまりの緊張にしばらく手が上がらず。

でもそこはサッカー少年達。

IMG_1892.JPG

「練習の後には何をしますか?」

「中学生の頃、どのくらい練習をしていましたか?」

「サッカーの他にしておくべきことは何ですか?」

「日本のサッカーとベルギーのサッカーの違いはどんな部分ですか?」

などなど、少しずつ質問が出ました。

あ、1人で4.5回手を挙げた中学生もいましたよ。

ちなみに、サッカーの練習はもちろんですが

【英語は絶対に勉強しておくべき!!!】と

熱く語っていらっしゃいました。みんな頑張らなくては。

 

個人的に印象に残ったのは

.好肇蹈鵐哀櫂ぅ鵐箸鮨ばすよう意識すること

▲優ティブなことを言わない。ポジティブな人と居る方がいい。

バナナはいいぞ!

 

でした。

 

「朝ごはんに何を食べますか?」の質問には

「パン、ハム、ヨーグルト、バナナ」とのこと。

質問者は「全く僕も一緒や!」と大喜び。

そんな彼を見守る新井場さんの優しい姿。

 

IMG_1885.JPG

 

 

1時間近くの質疑応答を終え、

先日ベルギーに行かれた新井場さんから

ユニフォームのお土産獲得大会となりました!

先ほどまで、緊張していた生徒たち。

急に張り切りじゃんけん大会。

 

IMG_1903.JPGIMG_1898.JPG

豊川選手のサインまでいただき、

中高生それぞれ1人ずつユニフォームを

受け取ることができました。

なんと貴重な体験でしょうか。

IMG_1904.JPG

 

IMG_1906.JPGIMG_1902.JPG

 

 

新井場さん直々の撮影。全員でパシャり。

 

IMG_1908.JPG

アサンプション国際サッカー部は今年結成されたばかりの

新しいチームですが、ここから豊川選手のように世界で活躍する

選手が必ず生まれると信じています。

 

サッカーの頑張りはもちろん、

英語もしっかり勉強し、多様性を受け入れ、

自分の頭で考えることのできる

21世紀の人間になりましょう。

 

豊川選手のご活躍を応援しています!

 

 

 

 

ページトップへ

続報・聖歌隊の舞台

先週行われた「箕面ミュージックフェスティバル」の様子を

聖歌隊顧問より伝えたいと思います。

 

 

二日間にわたって行われた【箕面ミュージックフェスティバル】

土曜日のバンドフェスティバルに続いて

日曜日は箕面市合唱祭があり、ハンドベルと聖歌隊が出演しました。

 

ロビーではハンドベルのウェルカムコンサートが行われ

華やかなベルの音色に、来場者・出演者共に気持ちが一気に高まります。

 

聖歌隊はLIBERAの【彼方の光】とロシア民謡【黒い瞳】を演奏しました。

 

ドラマティックな楽曲を演奏するにあたり

「一人ひとりがソリストの気持ちで!!」

を合い言葉に練習を重ね てきました。

 

最後の合同合唱【ハレルヤ】の指揮は、小学五年生の3名です。

堂々とした指揮に、会場から割れんばかりの拍手がいつまでも続きました。

 

IMG_0225.JPG

 

 

〜音楽があなたの人生の重荷を振り払い、

 あなたが他の人たちと幸せを分かち合う助けとなるように〜

 

〜 I wish you music to help with the burdens of life,

  and to help you release your happiness to others.〜

 

ベートーヴェン

 

 

「私たちには音楽がある」って笑顔で言える私たちは、なんて幸せなんでしょう。

これからもハンドベル・聖歌隊は祈りを込めて音楽を奏でていきます。

 

 

IMG_0228.JPG

ページトップへ

大活躍の聖歌隊

この写真を見て、何をしているのか?

みなさん、わかりますか?

 

実は。これは聖歌隊の発声練習の姿です。

昨年放送された、ちちんぷいぷい「学校へ行こ」でも独特の発声法が

紹介されていましたが、

今回は「ヒンズースクワット発声(!)」の

現場を見つけてしまいました!

動きはコミカルですが、声はビューティフル。

 

IMG_1804.JPG

 

IMG_1806.JPGIMG_1807.JPG

そして、もう一つ。

彼女たちの楽譜を特別にお見せしましょう。

IMG_1797.jpg

 

びっちりと書き込まれた注意事項やイメージ。

1つの音を出すのに、いくつもの意識を働かせているのです。

 

 〜ヒンズースクワット〜

〜書き込みびっちりの楽譜〜

 

これらが、彼女たちの美しく心に染み渡る歌声を作っています。

 

先週末には「箕面合唱祭」でのステージ。

週明けには、「キャンドルナイト・プレイベント」のステージと

多くの方々に歌を届けています。

「歌うのが大好き」そんな気持ちがいつも伝わる聖歌隊。

 

彼女たちの姿が、5月29日(火)の毎日新聞北摂版に掲載されました。

データでの鮮明な写真の前に・・・ついつい嬉しくて

新聞そのままをお見せしたいと思います。

IMG_1861.jpg

 

体育祭後の合唱コンクールでは、聖歌隊メンバー1人1人が

それぞれのクラスで、「歌」を通してしっかりと役割を

果たしてくれることでしょう。

 

アサンプション国際は生徒達の「好き」を

大切にサポートします。

 

 

 

 

ページトップへ

最新記事

カテゴリ

月別バックナンバー

QRコード

qrcode

関連リンク