Assumption Blog

 アサンプション国際中学校高等学校の公式ブログです。ふだんの学校生活の様子や、生徒や先生のがんばる姿を紹介します!

夕焼けとサッカー

10月9日(火)

高校生は今日から、2学期の中間考査がスタートしました。

 

中学生はまだ7限目まで授業があります。

秋晴れの美しい夕焼けの下、

男子サッカー部が汗を流しています。

 

キーパーにはキーパーコーチが専属でついています。

中央大会まで進んだ中学生。

 

怪我無く、全員で気持ちを1つにして

試合に臨んでいきましょう!

 

 

 

 

IMG_3355.jpgIMG_3352.jpgIMG_3351.jpgIMG_3348.jpgIMG_3347.jpgIMG_3356.jpg

ページトップへ

祝!アサンプション国際中学校サッカー部中央大会出場

9月8日〜9月22日にかけて大阪府中学校秋季大会北地区予選(Bグループ)が行われました。

アサンプション国際中学校サッカー部は

1回戦で佃中学校と対戦し、9−0、

2回戦では追手門中学校に19−0で勝利。

1,2回戦の勢いのまま準決勝に臨みました。

相手は、三島中学校。個人スキルがあり、かつフィジカルもあるチームでしたが、

後半に右サイドを突破し先制点を奪いました。

その後は、相手の攻撃をしのぐ時間が続きましたが、1−0で勝利することができました。

 

 

そして、決勝戦。相手は、今年度の大阪選手権の準優勝校である芝谷中学校。

IMG_7667.jpg

試合開始から激しい攻防が続きます。先制点を奪われるも、すぐに奪い返すゲーム展開に。

後半はさらに拮抗した内容で、終了のホイッスルが鳴るも決着はつかず、PK戦に突入しました。

準決勝の疲れもあるなかで、最後の最後まで走り抜きました。

そして、PK戦。

GKの大活躍もあって3−2でみごと勝利することができました。

 

4月の創部から約半年での中央大会出場の快挙です。

 

たくさんの困難もありました。上級生との試合ではなかなか勝てず、もどかしい期間もありました。

しかし、目指していた方向は間違っていなかった。

全員で掴んだ中央大会出場です。(監督への最高の誕生日プレゼントになりました)

 

監督、コーチ、保護者、学校に関わるすべての方のおかげでここまでくることができました。

次は、いよいよ中央大会です。チームの目標はまだまだ先にあります。

ここで、気を緩めるのではなく北地区の代表として堂々とプレイして欲しいと思います。

 

応援に来て頂いた保護者のみなさん、大きな声援をありがとうございました。

選手にとって保護者の方々からの応援が大きなサポートになっています。

あの勝利の瞬間を今後も共有できるように、選手も頑張ります。

今後とも応援よろしくお願いいたします。

 

IMG_7669.jpg

 

 

 

 

 

ページトップへ

中学校サッカー部 静岡遠征 報告

台風の影響がまだ各地にのこる中、みなさまいかがお過ごしでしょうか。

停電や断水がまだ続いているという方もいらっしゃると思います。

1日も早い復旧をお祈りしています。

 

今日は、中学校のサッカー部が夏休みに行った、

2泊3日の静岡県への強化遠征の様子をお伝えします。

 

初日は、静岡学園中学校とのトレーニングマッチです。

全国レベルのチームとの対戦は得るものも多く、通用する部分と課題となる部分が見えた

良いゲームでした。

静岡学園中学校のみなさん、ありがとうございました。

2日目は、ジュビロ掛川とのトレーニングマッチです。

ジュビロ掛川の個人技のレベルが高くボールを支配される時間が続くゲーム展開でした。

しかし、それ以上にアサンプションの選手の闘う姿勢が欠けたゲームでもありました。

静岡まで遠征に来ている意味、応援して下さる保護者への感謝の気持ちを忘れずプレーするよう

監督からアドバイスもありました。

負けはしましたが、技術的にも、メンタル的にも成長できたゲームでした。

ジュビロ掛川のみなさん、ありがとうございました。

3日目は悪天候のため、常葉橘中学校との練習試合を予定していましが中止となりました。

急きょ、常葉橘中学校の人工芝グラウンドを借りてのトレーニングに変更になりました。

常葉橘中学校のみなさん、グラウンドを貸していただきありがとうございました。

 

練習試合が中止となったので、早めの帰阪となったので途中に清水港に立ち寄り記念撮影。

このチームでの初めての遠征の一つの思い出となりました。

 

また、この遠征では、オフザピッチでの行動もたくさん成長できました。

サッカー以外の生活をどう過ごすか。

まだまだ課題はたくさんありますが、チームの目標を見失うことなく、

成長して欲しいと思います。

ページトップへ

雨上がりのサッカー

大雨の影響により
広範囲に渡り甚大な被害がでた
先週末。

本校も休校にせざるを得ない状況でした。

 

IMG_2399.JPG

 

 

そんな中ではありますが、
月曜日の私学大会の練習が
全く出来ないということで、
やっと晴れた日曜日、
本校と同じように
新井場さんがテクニカルアドバイザー
を務める、寝屋川市の香里ヌヴェール学院の
校庭を借りて、短時間ですが
練習を行いました。
グラウンドはまだ泥濘んでいましたが、
水はけは こちらの方が少しは良いとのこと。

IMG_2396.JPG
昨日までの雨が嘘のような
真夏の空。

IMG_2401.JPG
サッカーの練習ができない地域も
多くある中、
こうして練習できる事は
決して当たり前ではありません。

IMG_2402.JPGIMG_2403.JPG
練習を通して、
そのことにも気づいて欲しいと
願います。

被災された方々へ
心よりお見舞い申し上げます。

ページトップへ

キャンドルコンサート メッセージと歌声

体育祭を終え、次は合唱コンクール。

各クラスの練習割り当てもはじまりました。

 

歌つながり。ということで、先日行われた

「キャンドルコンサート」についての

聖歌隊メンバーのメッセージをお届けしたいと思います。

 

また、このブログの終わりには

実際の歌声を聞いていただけるページへのリンクを

貼っておりますので、ぜひぜひお聴きくださいませ。

 

 

 

 

「私たちは毎回色々な場所で舞台に立つ

機会をいただいています。

最高の演奏ができることもあれば、

次への課題にぶつかることもあります。

その都度、私たちは必ず希望を見い出し、

前に続く新しい道を進んできました。

ぶつかる課題が大きければ大きいほど、

ひどく落ち込みますが、暗闇の中にいても

必ず出口は見つかる、希望はあると信じています。

暗闇の中に浮かぶキャンドルの灯。

私はそれを希望の象徴だと思います。
彼方の光では、

たとえ私がどこへ行こうともあなたはそばにいて、

暗闇の中でも手を差し伸べてくれる」という歌詞があります。

私たちが見い出す希望のように、

ひとつのキャンドルの明かりから無数に広がる光によって、

悩み、苦しみ、孤独は、やがて勇気、幸福、

信頼へと変わっていきますように。

そして聞いて下さる方々に私たちも抱いている

希望を届けられるように心を込めて祈り、歌いたいと思います。」

 

こちらが実際の新聞記事です。

 

「2018年 5月29日付 毎日新聞より」

180529キャント?ルコンサート記事.jpg

 

すばらしい済んだ歌声を聞いていただけます。

こちらをクリック↓

 

 

https://mainichi.jp/movie/video/?id=5790489719001

 

「コンクールに出ないのですか?」とよく聞かれるそうです。

でも、メッセージを読むと、「点数を競う」為に歌うのではなく、

1人でも多くの方に歌をとして心を伝えたいのだと感じることができます。

 

 

学内だけでなく、多くの場所で歌を届ける聖歌隊。

彼女たちのメッセージが、どうか皆様に届きますように。

 

ページトップへ

最新記事

カテゴリ

月別バックナンバー

QRコード

qrcode

関連リンク